So-net無料ブログ作成

NVC記録:第9週 [7-3 MBA留学中:School]

NVCが終わった…。

結果は残念ながら、入賞ならず。終わった後でのジャッジの評価を教授から聞くと、要はviability(実現可能性)は高いが、如何せんターゲットとなるマーケットが小さい、と言うもの。そいつは仕方がないよな。予想通りと言うか何と言うか、以前から毎回、プレゼンの度に言われていた事だったので、逆に言うとそのハンデを抱えながら、良くまあファイナルまで行けたな、と言う感じ。嬉しかったのは、今回9チームの内、実は僕らのチームを含めて2チームが日本人リーダーによるチーム。そのもう1つのチームがFirst Prizeを獲得!これはねー、日本人として純粋に嬉しいですな。素晴らしい、良くやった!

さて、この1週間を振り返ると、月曜日にフロリダから帰って来て、火曜日から早速、始動。火曜日は教授3人に会ってフィードバックを貰い、その後、僕らチームを担当してくれているコンサルタントとカンファレンスコールを行った。それを受けて修正作業を開始。過去に何度かビジネスプランを書いた事があり、その中から他人のアドバイスはほどほどに聞くべし、との学びがあった僕だったが、今回は結構、振り回されたなあ。と言うか、他人の意見を聞きすぎたか。水曜日には納得の行く最終版ができあがったが、その後はプレゼンのストーリーについて考え出す。

アドバイザーの1人の方の好意で、シカゴベースのVCのパートナーの方がプレゼンの練習に付き合ってくれると言うので(贅沢な話だ…)、その好意に甘えて、色々とアドバイスをして貰った。結果、プレゼンの流れに大きな変更を加える事になったのだが、今考えると、プレゼンの前日にストーリーを変えようとした事が良くなかったのか。実は今日、伝えたいと思っている自分達のビジネスのストーリーに僕の中で若干、迷いが生じて、それが為に物凄い緊張をした。自分の中で自信が持てなかったので、それが結果的に表面上に現れてしまったのか。

これであれば2回目のプレゼンの方が余程、うまく行ったと思う。まあ、後はお金を目前にして、知らず知らずに内に肩に力が入ってしまったのかな。いずれにせよ、自分のパートのプレゼンは余り納得の行かないまま終わり、Q&Aも余り審査員から反応がなく終わり(これはかなり悪いサイン)、結果、入賞できなかったので、実は自分の中では予想通り、と言う感じだった。只、審査員の評価を聞いてみると、言いたいストーリーが伝わらなかったと言う事ではなく、伝わったのだけど、投資家にとってはそこまで魅力的な案件に移らなかったと言う事なんだろう。

いやいや、それにしても長い9週間だった。これまで全く卒業する自分が想像できなかったのだが、NVCが終わり、漸く後2週間で卒業なんだな、と言う実感が湧いてきた。しかーし、その前に明日のレポート、明後日の試験と大きな課題が待っている。この1~2週間は本当にNVC一色だったので、今晩、明日は徹夜になる可能性大。とほほ。。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。